LED照明を利用する3つのメリットを紹介します!


寿命が長いので交換の手間が少ない

LED照明を利用するメリットはいくつかありますが、1つ目が寿命が長いという点です。白熱電球と比べると約40倍、蛍光灯と比べても約4倍長持ちするといわれています。電球が消えてしまうと交換をしなければいけませんが、LED照明にすれば交換をする手間を少なくすることができます。特に交換しにくいような高所にある照明や交換作業のために時間がかかるような機器の場合LEDにすることによって負担を大きく軽減することができます。

消費電力が少ないので経済的

2つ目のメリットが消費電力の小ささです。同じような明るさの電球で比較した場合、白熱電球と比べると消費電力は約6分の1、蛍光灯でも半分の消費電力で済ませることができます。家庭の電気料金は消費電力で決まっていることが多く、消費電力を少なくすればそれだけ電気代をお得にすることができます。また、電気は総電力量の上限で電気料金の基本料金が決まっていることもありますが、LEDにすることによって上限を下げ、基本料金を安くすることもできるかもしれません。

紫外線や赤外線の放出量が少ない

LED電球は、紫外線や赤外線といった光線の放出量が少ないです。どちらも人の目には見ることができない光線のため、人体にはほとんど影響がありませんが、影響を与えるものもあります。例えば、壁にかかっている絵や壁紙は紫外線や赤外線によって変色することがあります。重要な文化物や芸術品ではわずかな変色でも大きな影響があるので、こうしたものを照らすときにはLED電球のほうがよいです。また、食料品に光を当てるときにもLEDのほうが劣化させにくい特徴があります。

LEDライトパネルのレンタル費用は、パネルのサイズや枚数、レンタル期間で決まります。別途、取り付け費用が発生する場合もあります。

DIYで困ることが多い塗装!しっかり塗装できる環境を用意するにはどうすれば良い? Previous post DIYで困ることが多い塗装!しっかり塗装できる環境を用意するにはどうすれば良い?